クレンジングバームは男性向き?スペシャルケアに最適

最近は男性もクレンジング剤を使う人が増えてきました。クレンジングバームは男性が使う必要があるのでしょうか?

ファンデーションなどメイクをする男性はもちろん、メイクをしない方でもクレンジングでしか落とせない日焼け止めを洗い流す目的でクレンジングを使う方も多くなっています。

また、クレンジングは毛穴汚れをすっきり落とせるので、週に一度のスペシャルケアとして使う男性もいます。

クレンジングには様々なタイプがありますが、当ページでは、最近、注目されているクレンジングバームが男性の肌質に向いているのかを紹介しています。

クレンジングバームの特徴

クレンジングには『シート・リキッド・水・オイルジェル・クリーム・ミルク・クレンジングバーム』など様々なタイプがあり、洗浄力や保湿力などに違いがあります。

クレンジングバームはバターの様な硬めのテクスチャ(質感)ですが、人肌の体温で温めることで徐々に液状になります。

クレンジングバームは洗浄力が高いのが特徴で、油性のメイクはもちろん、男性の方が分泌量が多い皮脂汚れも綺麗に落とすことが出来ます。

クレンジングバームは洗浄力が高いのに、潤いも残りやすい商品も多数あります。表面は皮脂や汗が混ざった皮脂膜でテカっていても、肌内部では潤いが足りないインナードライ肌が多い男性には向いているクレンジング剤とも言えます。

男性の肌に意外に多いインナードライと混合肌

男性の肌のイメージというと『ギトギトや脂ぎっている』と思う方も多いと思います。そのため、乾燥肌とは無縁だと思っている方も多いと思います。

洗顔料を見てもメンズ洗顔料にはスクラブなど洗浄力重視の洗顔料が多いです。

ただ、男性の肌に多い肌タイプは、肌内部が乾いているインナードライ肌と、乾燥肌と脂性肌が部位によって混在している混合肌だといわれています。

人間の肌にとって乾燥は大敵で、乾燥すると肌のバリア機能は低下しますし『シワ、シミ、たるみ、毛穴目立ち、毛穴の黒ずみ』などの肌トラブルの原因になってしまいます

しかも、肌内部が乾燥すると人間の身体は肌を守ろうとして余計に皮脂を分泌しようとするのです。

その為、皮脂でギトギトしていても肌内部が乾燥していることもあり得るのです。

男性であっても保湿ケアはとっても重要!洗顔後などは日ごろからスキンケアで保湿を心がけましょう。

男性でも洗浄力と保湿のバランスを考えたデイリーケアを

男性は皮脂の分泌量も多いです、その為、洗浄力が高いことは良いことと勘違いしがちです。

特にスクラブ入りや洗浄力に特化した洗顔料は肌に負担をかけるのでお勧めできません。

男性でも洗浄力と保湿力のバランスを考えたデイリーケアを考えましょう。

メイクをしない人でも週に一度のスペシャルケアとして使ってもいいかも

皮脂は時間の経過とともに酸化して肌にダメージを与えますし、古くなった角質が蓄積するとくすみがちになったりします。

肌の状態をリセットするためにも、クレンジングバームで1~2週間に一度スペシャルケアを行うのもオススメです

男性用のメンズクレンジングバームってあるの?

男性専用のメンズクレンジングバームを探してみましたが、発見できませんでした。細かく調査すればあるのかもしれませんが大手化粧品メーカーからは発売されていないようです。

ただし、クレンジングバーム自体が男性のスキンケアに合っている為、女性向け(レディース)であってもガンガン試してみるのがいいでしょう

オススメのクレンジングバームは?

肌環境は人それぞれ違います、コスメや化粧品は最終的には肌質や体質に合わせた商品を選ぶのが重要です。

クレンジングバームの人気商品というと『ビューティークレンジングバーム』『DUO ザ クレンジングバーム』などです。クレンジングバームを使い始めるならこのあたりから始めてみましょう。

管理人が『ビューティークレンジングバーム』を実際に使った口コミや、実際に感じた効果や感想は下記のページで紹介しているので購入する際の参考にしてください。

ビューティークレンジングバームの効果・口コミを紹介

タイトルとURLをコピーしました